※当ページにはプロモーションが含まれています。

光回線とホームルーターの違いとは?特徴・メリット・デメリットを比較

光回線とホームルーターの違いとは?特徴・メリット・デメリットを比較

インターネットを使う方法には、いろいろな種類があります。そのため「どの方法がよいかわからない」と悩む人も多いでしょう。特徴を知れば自分に合っているかの判断がしやすくなるはずです。

そこで本記事では、光回線とホームルーターについて比較しながら紹介します。

自分に適した方法を知るために、ぜひ記事の内容をチェックしてみてください。

目次

光回線とホームルーターの違いを比較

光回線とホームルーターの違いを比較

光回線とホームルーターの違いを比較してみましょう。それぞれのメリット・デメリットを表でまとめました。

光回線ホームルーター
メリット・通信速度が速い
・通信容量の制限がない
・光電話も利用できる
・工事が不要で設定も簡単である
・リーズナブルである
・引っ越しても使える
デメリット・開通に時間がかかる
・持ち運びできない 
・場所によっては利用できない
・通信が不安定である
・持ち運びできない
・速度制限がある

共通しているのは、持ち運びができないというデメリットのみです。そのほかのメリット・デメリットから、どちらが自分に合っているか考えてみましょう。

光回線の特徴とは?

光回線の特徴とは?

電気信号を光に変えてデータを送受信するのが光回線です。通信が高速かつ高品質で、安定しています。通信に使われているのが光ファイバーケーブルです。

特によく知られているのが、NTTの「フレッツ光」です。また事業会社や電力会社のグループ会社によって提供されている回線もあります。

料金やエリアは事業者によって違うため、導入にあたっては比較を行いましょう。

1.光回線のメリット 

導入を検討するにあたって、まずチェックしたいのがメリットです。よさがわからないと、利用を検討するのも難しいでしょう。光回線の特に大きなメリットに次の3つがあります。

①通信速度が早くて安定している
②通信制限がない
③光電話も利用できる

3つのメリットについて、それぞれのポイントを確認してみましょう。

通信速度が速くて安定している 

光回線は、通信速度が速くて安定しているという大きなメリットがあります。安定しているのは、有線接続であるためです。

大量のデータ通信を行っても光回線なら問題ありません。オンライン会議やオンラインゲームでの利用があるのなら、光回線を利用するのがおすすめです。

通信制限がない 

通信制限なく使えるのも、光回線のメリットです。

データ通信量が多く、たびたびスマートフォンの通信制限を受けている人も多いでしょう。速度が大幅に落ちるため、通信制限がかかると不便です。

しかし光回線なら、基本的に通信制限の心配はありません。無線LANにつないでWi-Fiにするなら、スマートフォンの通信量も抑えられます。

ただし提供事業者による違いもありますので、契約時は確認を行ってください。

光電話も利用できる 

オプションで光電話も利用できるのが、光回線のメリットです。光電話は料金も安い傾向にあります。例外はあるものの、基本的には電話番号も引き継ぎ可能です。

電話料金の削減を考えているのなら、光回線を利用するのもよいでしょう。

2.光回線のデメリット

安定した高速通信ができる光電話ですが、メリットだけではありません。利用にあたってはデメリットも把握しておきましょう。代表的なデメリットには次の3つが挙げられます。

①開通に時間がかかる
②持ち運びできない

③場所によっては利用できない

3つのデメリットについて、それぞれ解説します。

開通に時間がかかる 

光回線は、開通に時間がかかるというデメリットがあります。申し込んでもすぐには使えませんので注意しましょう。申し込みから工事完了までの目安は1~3か月です。

・オンラインゲームを始めるにあたって光回線にしたい

・リモートワークで大量のデータ通信を行う

そんな事情があったとしても、開通には時間がかかります。希望したタイミングで使い始められるとは限りません。頻繁に引っ越しをする人にも向かない可能性が高いと考えられます。利用を考えているのなら、期間に余裕を持って申し込みを行ってください。

持ち運びできない 

持ち運びができないのも光回線のデメリットです。光回線は有線での接続となるため、自由に持ち運びできません。

外出時のインターネット利用が多いのなら、向いていない可能性もあるでしょう。

持ち運びを前提としているのであれば、モバイルルーターを使うのが便利です。

場所によっては利用できない 

場所によっては利用できないのも、光回線が持つデメリットの1つです。次のような場所では光回線が利用できません。

・光回線のエリア外である

・電柱がない

・集合住宅で別な回線が導入されている

申し込みを考えているのなら、まずは対応エリアなのか確認しましょう。電柱がない場所の工事は難しいため、回線事業者に相談してみてください。集合住宅で別な回線が入っている場合も利用が難しくなります。

なお工事にあたって河川・国道をまたぐのなら国の許可が必要です。国への申請は事業者が対応してくれます。しかし許可が下りないと工事できません。

ホームルーターの特徴とは? 

ホームルーターの特徴とは?

キャリアのSIMを使って通信を行うのがホームルーターです。データSIMにある契約情報を特定して通信を行います。

通電により電波が発生すると、インターネットの利用が可能です。

モバイルルーターとは違い、必ず電源につなぐ必要があります。

1.ホームルーターのメリット 

モバイル回線を使うのがホームルーターです。

代表的なメリットには次の3つが挙げられます。

①工事が不要で設定も簡単である
②リーズナブルである
③引っ越しても使える

3つのメリットについて内容をチェックしてみましょう。

工事が不要で設定も簡単である 

ホームルーターは、工事が不要で設定も簡単なのがメリットです。光回線では、申し込みから開通までに1~3か月を要します。しかしホームルーターなら、受け取った当日から利用可能です。

なるべく早く使いたいなら、ホームルーターがよいでしょう。

リーズナブルである 

リーズナブルであるのも、ホームルーターのメリットです。光回線とは違い、ホームルーターには工事代金がかかりません。さらに月額料金も固定回線より抑えられます。

通信料節約を考えているのなら、リーズナブルなホームルーターはおすすめです。

引っ越しても使える 

引っ越しても使えるのが、ホームルーターを使う大きなメリットです。光回線にする場合、申し込みから開通工事までに時間がかかります。しかしホームルーターなら、コンセントに挿すだけで利用可能です。

転勤や引っ越しが多いのなら、ホームルーターが向いている可能性があります。

2.ホームルーターのデメリット

工事が不要でリーズナブルなホームルーターですが、デメリットもあります。特に大きなデメリットは次の3つです。

①通信が不安定である
②速度制限がある
③持ち運びできない

メリットだけを見てしまうと「失敗した」と感じる可能性もあるでしょう。

そこでぜひデメリットも確認してみてください。

通信が不安定である 

ホームルーターは、通信が不安定であるのがデメリットです。光回線とは違い、ホームルーターはモバイル回線を使っています。そこで障害物や天候の影響を受けやすいのです。

置く場所によっては電波が入りづらくなる可能性もあります。安定した高速通信を求めているのなら、光回線を検討してみましょう。

速度制限がある 

速度制限があるのも、ホームルーターのデメリットです。大量のデータ通信を行うと、通信制限になる可能性があります。

ただし速度制限のルールは事業者次第ですので、事前に確認しましょう。自宅で大量のデータ通信を行うのなら、光回線の利用を検討してみてください。

持ち運びできない 

ホームルーターは、持ち運びできないのもデメリットの1つです。利用にあたっては電源が必要になります。そのため自宅での利用が前提です。

持ち運びたいのなら、モバイルルーターの利用を考えましょう。

光回線とホームルーターどちらがおすすめ?

光回線とホームルーターどちらがおすすめ?

光回線とホームルーターで、どちらが向いているのか悩んでいる人も多いでしょう。判断にあたっては特徴・メリット・デメリットが参考になります。

光回線・ホームルーターどちらが向いているか、ぜひチェックしてみてください。

1.光回線が向いている人

光回線は次のような人に向いています。

・安定した高速通信が必要な人

・速度制限なしで大量のデータ通信を行いたい人

・光電話を利用したい人

光回線なら安定した高速通信が可能で、速度制限もありません。データ量を気にせずオンラインの通信を行いたいのなら、光回線がおすすめです。また光電話の利用を考えているのなら、光回線がよいでしょう。

2.ホームルーターが向いている人

ホームルーターは次のような人に向いています。

・なるべく早くインターネットを使いたい人

・費用を抑えたい人

・引っ越しが多い人

・光回線の工事が難しい人

光回線とは違って、ホームルーターは工事の必要がありません。そのためなるべく早くインターネットを使いたい人に向いています。費用を抑えたい場合も、光回線よりホームルーターがよいでしょう。また引っ越しが多い人にも適しているサービスです。

集合住宅や立地から、光回線の工事が難しい人もいます。そんなときも、ホームルーターの利用を考えてみましょう。

特徴を比較して自分に合ったサービスを選ぶのが大切

光回線とホームルーターには、いろいろな違いがあります。どちらも持ち運びできないサービスであるのが共通点です。光回線なら安定した高速通信が可能ですが、工事が必要になります。ホームルーターは工事不要ですが、通信量が多い人には向いていません。

どちらを選ぶ場合でも、メリット・デメリットの両方を確認するのが大切です。

自分に合っている方法を知るために、ぜひ紹介した内容を参考にしてくださいね。

2023/09/06
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次