※当ページにはプロモーションが含まれています。

光回線の仕組みとは?|高速通信できる理由やメリット・デメリットなどを解説

光回線の仕組みとは?|高速通信できる理由やメリット・デメリットなどを解説

インターネットの使用にあたって、光回線の開通を考えている方も多いでしょう。

そもそも光回線の仕組みとはどのようなものなのでしょうか。

本記事では、光回線の仕組みや高速通信できる理由などについてわかりやすく紹介します。

メリット・デメリットも紹介しますので、ぜひ導入にあたっての参考としてご覧ください。

目次

光回線とは? 

光回線とは?

光回線とは、電気信号を光に変えてデータの送受信を行う通信回線です。ほかの方法よりも高速かつ高品質で、通信が安定しています。

おもな種類は次の4つです。

フレッツ光NTTが提供している光回線
光コラボレーションほかの事業者がNTTの回線を利用して提供している光回線
独自回線事業者が自社で提供している光回線
電力系回線電力会社のグループ会社が提供している光回線

事業者によって、料金やエリアなどに違いがあります。そのため光回線を導入するのなら比較が必要です。

光回線の仕組み

光回線は、光ファイバーおよび光ファイバーケーブルを使った通信方法です。電気信号を光ファイバーケーブルにあるコアに閉じ込めて伝達し、ONU(回線終端装置)でデジタル信号に変換します。

そこからLANケーブルでルーターやデバイスに情報が送られる仕組みです。

光ファイバーとは? 

通信だけでなく、医療機器や照明機器にも使われているのが光ファイバーです。光ファイバーは、透過率の高い石英ガラス・高性能プラスチックなどで構成されています。

軽量で施工性に優れており、電磁誘導の影響を受けません。そのため磁気計測器や温度計などにも使われています。

光ファイバーケーブルとは? 

細い繊維のような光ファイバーを束ねたものが、光ファイバーケーブルです。最大速度10Gbpsの高速通信が可能で、大容量のデータを伝送できます。

LANケーブルと比べると、耐久性に優れているのが光ケーブルの大きな特徴です。

光回線が速い理由 

光回線が速いのには2つの理由があります。

1.大容量であること

2.外部からの妨害を受けずに信号を伝えられること

電気信号で送れる信号は、1秒で約100億個です。しかし光通信なら1秒で約1兆個の信号が送れます。

また光ファイバーは、外部からの妨害を受けずに信号を遠くまで伝えることが可能です。そのため光回線では、ほかの方法よりも早く情報を送れます。

光回線とほかの回線との違い

光回線とほかの回線との違い

インターネットが使えるのは光回線だけではありません。そのほかの回線について、特徴や光回線との違いも見ておきましょう。

モバイルルーター・ADSL・ISDN・CATVについて簡単に紹介します。

モバイルルーター 

モバイルルーターとは、光回線とは違って持ち運び可能な小型のWi-Fiルーターです。SIMカードを挿入し、スマートフォンのように携帯電話回線を使って通信を行います。

Wi-Fiの親機として機能するのがモバイルルーターです。種類にもよりますが、5~20台を同時に接続できます。

データが暗号化されるため、公共の無料Wi-Fiよりも安心です。一人暮らしで通信量が少ないのなら、モバイルルーターを使うのもよいでしょう。

ISDN 

ISDNとは「Integrated Services Digital Network」の略称で、ダイヤルアップでインターネットに接続する方法です。アクセスポイントに電話をして、そこからインターネットに接続します。ISDNは、光回線やADSLと違って、基本料とは別に通信料が発生する仕組みです。

一部エリアを除き、2024年にサービス提供が終了する予定となっています。

ADSL 

ADSLとは「Asymmetric Digital Subscriber Line」の略称で、従来の電話回線を使う通信方法です。通信速度はISDNより早いものの、光回線には劣ります。また基地局から遠くなると通信速度が遅くなるのも大きな特徴です。

ADSLは一部エリアを除き、2023年1月にサービスの提供が終了しています。

CATV 

CATVとはケーブルテレビの業者が提供するインターネット回線です。テレビ放送で使うケーブルを使ってインターネットに接続します。インターネットサービスの利用にあたっては、居住地域の業者との契約が必要です。

光回線の対象エリア外なら、CATVが適している可能性もあるでしょう。

光回線のメリット

光回線のメリット

光回線を利用するメリットを紹介します。代表的なメリットは次の3つです。

①通信速度が速くて安定している
②通信容量の制限がない
③光電話が使える

3つのメリットについて、それぞれチェックしてみましょう。

①通信速度が速くて安定している 

光回線は、通信速度の速さが大きなメリットです。また有線での接続であるため、Wi-Fiと比較すると通信が安定しています。

オンラインゲームやオンライン会議での利用にも支障がありません。

Wi-Fiルーターとの組み合わせで、家のどこにいてもインターネットを高速で使えます。

②通信容量の制限がない 

事業者による違いもありますが、通信容量の制限がないのも光回線のメリットです。

スマートフォンやモバイルルーターは、契約内容によっては通信制限があります。しかし光回線なら通信制限もなく、料金が毎月固定です。

光回線を無線LANルーターにつないでWi-Fiにすると、スマートフォンの通信量制限にも役立ちます。

③光電話が使える

光回線を利用するのなら、オプションで光電話を使えるのもメリットです。光電話は従来の電話回線よりも料金を抑えられる可能性があります。

基本的には電話番号の引継ぎも可能です。

光電話の利用を希望する場合は、業者に申し込みを行ってください。

光回線のデメリット

便利な光回線ですがデメリットもあります。代表的なデメリットとして挙げられるのが次の4つです。

①持ち運びできない
②場所によっては使えない
③工事が必要である
④事業者によっては解約金が必要である

デメリットについても1つずつ見ていきましょう。

①持ち運びできない 

有線接続であるため、持ち運びできないのが光回線のデメリットです。「室内ではインターネットに接続しない」という人も多いでしょう。その場合はモバイルルーターが適している可能性があります。

電源がない場所での使用もできません。

②場所によっては使えない 

場所によっては使えないのも光回線のデメリットです。

光回線のエリアは順次拡大されています。しかし使えないエリアもあるため、事前の確認が必要です。

NTTのエリア外なら、ほかの事業者がカバーしていないか確認してみましょう。

③工事が必要である 

光回線は工事が必要であるのもデメリットの1つです。

利用にあたっては、光ファイバーの敷設が必要になります。また乗り換えをする場合には、撤去・敷設の費用が必要です。

申し込みをしても、工事完了までには時間がかかります。すぐには使えないため注意してください。

④事業者によっては解約金が必要である 

事業者によっては解約金が必要であるのも、光回線のデメリットです。安く使える代わりに、契約期間に縛りが設けられている場合があります。

中途解約する可能性があるのなら、縛りのない業者と契約しましょう。

光回線導入の流れ 

光回線導入の流れ

フレッツ光を例に、光回線導入の流れを紹介します。

申し込みから開通工事までの目安となる期間は、約1~3か月です。ただし利用場所・設備状況などによって、開通工事までの期間は違います。

申し込んだ当日の工事には対応してもらえないため注意が必要です。どのくらいの期間が必要になるかは、回線事業者に問い合わせてみましょう。

一般的な流れを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

①対応エリアか確認する

光回線の導入を考えているのなら、まず対応エリアか確認する必要があります。エリア外ならサービスを利用できませんので、別な方法を考えましょう。

NTTのホームページからは対応エリアが確認できます。以下のページから提供エリアを確認してみましょう。

・NTT東日本 光アクセスサービス 提供エリア検索 

・NTT西日本 フレッツ光の提供エリア検索 

なおNTT西日本のエリア検索では、留意事項の確認・同意が必要です。

②過去に工事が行われていたか確認する

対応エリアであると判明したら、該当の住所で過去に光回線工事が行われていたのか確認してみましょう。

室内に光コンセントがある場合、過去に光回線の工事が行われていた可能性があります。集合住宅なら、管理会社かオーナーに確認してみましょう。

状況によっては立ち合い工事なしでインターネットを開設できるかもしれません。

③工事を申し込む 

各種確認が終わったら、サービス・工事の申し込みを行います。

工事は申し込みの数週間後となるのが一般的です。立ち合いが必要になる場合もあるので、都合のよい日を確認してから申し込むとスムーズです。

室内に光コンセントが設置済みなら、立ち合いが不要な場合もあります。

工事完了までは光回線が使えないため、必要に応じて、ポケットWi-Fiやホームルーターなどを活用しましょう。

④工事が実施される

工事では、最寄りの電柱から光ファイバーケーブルを室内に引き込みます。集合住宅なら、すでに配線工事が終わっている場合もあるでしょう。

光ファイバーケーブルは、電話線の引き込み口や、エアコンのダクトから引き込むのが一般的です。

光コンセントやONU(光回線終端装置)の設置後には、回線の試験が行われます。

⑤インターネットの設定を行う

光回線が開通したら、インターネットの設定が必要です。PCあるいはスマートフォンを使って、ユーザー名とパスワードを入力します。

問題なくインターネットが使えると完了です。

光回線なら安定した高速通信が可能!

光ファイバーケーブルを使って通信を行うのが光回線です。光回線なら、安定した高速通信が実現します。家で快適にインターネットを使うのなら、光回線を利用するのがおすすめの方法です。

ただし利用にあたっては工事が必要になります。申し込みから工事までの期間は、1~3か月が一般的な目安です。

時間がかかりますので、利用の予定があるなら早めに申し込みを行ってくださいね。

2023/09/06
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次