※当ページにはプロモーションが含まれています。

光回線の工事内容とは?必要な準備や立ち合いの必要性についても解説

光回線の工事内容とは?必要な準備や立ち合いの必要性についても解説

光回線導入にあたっては業者による工事が必要です。しかし初めてなら不明な部分が多くて不安でしょう。

本記事では光回線の工事内容や必要な準備などについて解説していきます。また光回線の工事でよくある質問もまとめました。

利用を検討しているのでしたら、ぜひ内容をチェックしてみてください。

目次

光回線導入に必要な工事の内容

光回線導入に必要な工事の内容

光回線導入に必要な工事の内容について概要を紹介します。

紹介するのは次の2パターンです。

1.戸建て住宅での工事
2.集合住宅での工事

基本的な流れは、戸建て住宅・集合住宅どちらでも、それほど大きくは変わりません。それぞれどのような工事が行われるのか、チェックしてみましょう。

戸建て住宅での光回線の工事内容 

戸建て住宅の場合、次のような流れで工事が進められます。

1.光回線を電柱から引き込む
2.室内の壁面に光コンセントを設置する
3.光コンセントとホームゲートウェイあるいはONUを接続する
4.ルーターとパソコンを接続して初期設定を行う

光回線の引き込みにあたっては電話用の配管あるいはエアコンダクトを使います。ただし住宅の状況によっては壁に1センチ程度の穴が必要です。

光回線を引き込んだら、壁面に光コンセントを設置して、機器を接続します。最後にルーターとパソコンを接続したら初期設定を行って完了です。

集合住宅での光回線の工事内容 

集合住宅もおおまかな流れは戸建て住宅と同じです。

1.光ファイバーの引き込み工事を行う
2.室内の壁面に光コンセントを設置する
3.光コンセントとホームゲートウェイあるいはONUを接続する
4.ルーターとパソコンを接続して初期設定を行う

集合住宅の場合、共有スペースにはスプリッターと呼ばれる機器の設置が行われます。集合住宅全体で光ファイバーを共有する仕組みです。

光回線の工事で使う機器 

光回線の工事で使う機器

光回線の工事にあたっては、光コンセントとONUが必要です。

2つの機器について、役割を簡単に紹介します。

光コンセント

室内の壁面に設置するのが「光コンセント」です。光コンセントには、電話線のような差込口があります。

タイプは次の2種類です。

・電源と一体化したタイプ

・単独で設置されるタイプ

光コンセントは業者が準備します。

ONU(光回線終端装置)

ONUとは、光回線とパソコンを接続するための装置です。

光回線とパソコンでは、使われている信号の種類が違います。そこでONUを使って通信を可能にするのです。ONUと無線LANルーターをつなぐと、Wi-Fiが利用できるようになります。

光回線を申し込むと、ONUは回線事業者からレンタルされるのが一般的です。

光回線の工事に必要な準備

光回線の工事に必要な準備

光回線の工事には準備が必要になります。導入にあたって必要となる準備は以下4つです。

①申し込み前に対応エリアかを確認する
②管理会社に確認する
③機器を置く場所を決める

それぞれの内容について解説します。

①申し込み前に対応エリアかを確認する 

利用を検討しているのでしたら、申し込み前に対応エリアなのか確認してみましょう。エリア外であれば、残念ながら光回線は利用できません。その場合は、別な方法でのインターネット利用を考える必要があります。

NTTが提供するフレッツ光は、以下のページからエリアの確認が可能です。

事業者によって対応エリアは違いますので、公式HPで確認してみましょう。

②管理会社に確認する 

集合住宅で光回線を利用したいと考えているのなら、管理会社やオーナーへの確認が必要です。部屋まで回線が通っている場合、管理会社・オーナーの許可を得る必要はありません。まったく通っていない場合は許可が必要です。状況によって違いますので、まずは確認を行ってください。

利用予定の住所で、過去に工事済みであったかの確認も必要です。室内に光コンセントがある場合には、立ち合い工事なしで開設できるかもしれません。

③機器を置く場所を決める 

工事を行うにあたっては、光コンセントやONUの設置場所も考えておきましょう。設置場所は、リビング・仕事部屋・寝室などが一般的です。

光コンセントを設置するのは、1回線につき1か所のみになります。変更にあたっては再度工事が必要になるため注意してください。

光回線の工事でよくある質問

光回線の工事でよくある質問

光回線の工事でよくある質問をピックアップしました。わからないことが多いと不安になるものです。紹介する質問と答えが、不安の解消に役立つかもしれません。

ぜひ内容をチェックしてみてください。

光回線の工事には立ち合いが必要? 

光回線の工事には、基本的に立ち合いが必要です。立ち合いするのは、契約者本人でなくても構いません。

ただし状況次第で立ち合いが不要になる可能性もあります。立ち合いが不要になるのは次のようなケースです。

・同じ光回線を使って接続事業者だけを変更する
・光ファイバーや光コンセントが設置済みである

工事がいらないときは、事業者からホームゲートウェイなどの機器が送られてきます。機器が届いたら、自分で接続を行いましょう。

光回線の工事では家の中に入る? 

・忙しくて部屋を掃除する暇がない
・部屋が汚いので人を室内に入れたくない

光回線の工事にあたって、そう感じる人がいるかもしれません。しかし機器を取り付けるため、光回線の工事では室内での作業があります。

部屋が汚くても光回線の工事自体は可能です。ただし光コンセントを設置できる場所がないと工事が難しくなりますので注意しましょう。

光回線の工事は自分でもできる? 

光コンセントの増設や移動などは、原則として自分ではできません。

配線をともなう工事には、資格が必要になります。無資格での電気工事は違法です。仕組みがわかっているとしても、無資格では工事できませんので注意しましょう。

安全のためにも、必ず光回線事業者や電気工事業者に工事を依頼してください。

光回線工事でのトラブルには何がある? 

光回線工事で起こりがちなトラブルには次のようなものがあります。

・壁の穴が想像よりも大きい
・床や壁に傷がついた
・部屋にある物が落ちた

電話用の配管やエアコンダクトが使えないときは、壁に穴が必要になります。通常なら穴の大きさは1センチ程度です。心配であれば、事前に穴の大きさを確認しておきましょう。

作業の状況によっては、床や壁の傷・物の落下が生じる可能性もあります。

対策として、工事を行う部屋は作業しやすいよう片づけておきましょう。

光回線工事ができないケースとは? 

光回線の工事が難しいケースもあります。以下に該当するのなら光回線工事はできません。

戸建て集合住宅
サービスエリア外であるサービスエリア外である
河川や国道をまたいだ工事になる別の回線が導入されている
近い場所に電柱がない 管理会社やオーナーによる許可が下りない

エリア外なら光工事もできません。ただしエリアは順次拡大されています。そのため現在はエリア外でも、将来的には使えるようになる可能性が高いでしょう。

河川や国道をまたぐのなら国の許可が必要です。業者の申請によって国の許可が下りると工事できます。

集合住宅ですでに別の回線が入っているのであれば、新たな工事はできません。管理会社やオーナーの許可が下りない場合も工事は不可です。

光回線工事ができないときの対策は? 

工事が難しいのなら別の方法を考える必要があります。以下の方法を検討してみましょう。

・居住エリアに対応している事業者を選ぶ

・ホームルーターを使う

・ケーブルテレビの回線を使う

まずは居住エリアに対応している事業者がないか、確認してみましょう。速度は落ちますが、ホームルーターやケーブルテレビの回線を使う方法もあります。

申し込みからどのくらいの期間で光回線工事の工事ができる? 

光回線の申し込みから開通工事に必要な期間は、1~3か月が目安です。スムーズに進む場合には、2週間前後で開通できるかもしれません。しかし必要になる期間は、設備状況や混雑状況などによって変わってきます。

そのため時間がかかると考えておくのがおすすめです。

利用する予定があるのなら、なるべく早く申し込みをしておきましょう。

光回線を利用するには工事が必要!

光回線を利用するにあたっては、申し込みと工事が必要です。方法がわかっている人でも、無資格では工事できませんので注意しましょう。

工事ができないのなら、別な方法での対応が必要です。その場合は、別の事業者に申し込む方法や、ホームルーターを利用する方法があります。

申し込みから開設までは1~3か月が目安です。時間がかかりますので、利用予定があるなら早めに申し込みを行ってくださいね。

2023/09/06
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次