※当ページにはプロモーションが含まれています。

光回線を市販のルーターで接続する方法!パソコンやスマホにどう繋ぐ?

光回線を市販のルーターで接続する方法!パソコンやスマホにどう繋ぐ?

「光回線をルーターに接続する方法が分からない…」

「スマホやパソコンに接続できない」

このようにお悩みではありませんか?

光回線を契約した後に、スマホやパソコンへ接続するためにはルーターが必要です。

しかし、ネット回線を初めて契約する方や慣れていない方は、ルーターへの接続を難しく感じてしまうでしょう。

そこでこの記事では、光回線契約後にスマホ・パソコンに接続する方法や繋がらない時の対処法などを解説します。

ルーターの接続で悩んでいる方は、参考にしてみてください。

目次

光回線のルーターとは?接続にはどの機器が必要?

光回線のルーターとは?接続にはどの機器が必要?

まずはじめに、光回線の接続で使う機器について紹介します。

接続のためにどういった機器が必要になるのかを、簡単に把握しておきましょう。

ONU

ONU(Optical Network Unit)は光回線を契約した時にレンタルできる黒色で長方形の機器です。

光ケーブルの光信号とLANケーブルのデジタル信号を変換する役割を持っています。

一般的には市販やレンタルのルーターと合わせて利用するため、ルーターがないとWi-Fiでの接続と複数端末での接続ができません。

そのため、自分でルーターを購入する、もしくは有料でのレンタルが必須です。

ただし、NURO光など一部の光回線のONUは、Wi-Fi接続などをできる場合があります。

そういった場合は、ONUの説明書に記載されているため、確認してみてください。

HGW

光回線とひかり電話を契約した時にレンタルされるのがHGW(Home Gate Way)です。

HGWはONUの機能に加えて、ひかり電話用の機能とルーターの機能が備わっています。

そのため、自分でルーターを用意することなくWi-Fi接続や複数端末の接続が可能です。

ちなみに、フレッツ光など一部の光回線では、光回線の契約のみでも「ホームゲートウェイレンタル(月額300円~500円)」を契約することでレンタルできます。

「複数端末での接続が難しい」「1つの端末で全てを解決したい」という方は、検討してみる価値があるでしょう。

モデム

ADSL回線やVDSL回線を契約した時にレンタルされるのが「モデム」です。

モデムはONUと同じような見た目をしていますが、光信号ではなく、アナログ信号(電話で使う信号)とデジタル信号の相互変換機能を持っています。

簡単に言うと、光回線以前に使われていた電話回線用の接続機器です。

現在でも、一部のマンションや光ケーブルが届いていないエリアで使用されており、ONUと同様、Wi-Fi接続や複数端末での接続にはルーターが必要になります。

モデムに関しては、HGWのような機能が付いたものがないため、必ずルーターを用意するようにしましょう。

ルーター(必要な場合のみ)

ルーターは、複数の端末でインターネットを使うために必要な機器です。

基本的にはONUなどの変換機器と接続したい端末(スマホやパソコン)の間に設置して使います。

以前までは、Wi-Fi機能が付いていないものもありましたが、現在はWi-Fi機能が付いたルーターがほとんどです。

そのため、レンタルしたONUなどにプラスしてルーターさえあれば、インターネットの接続で困ることはありません。

もちろん、HGWがレンタルされる場合は必須ではないため、必要に応じてレンタルもしくは購入するようにしましょう。

LANケーブル(必要な場合のみ)

複数の端末で有線接続するには、LANケーブルが必要です。

LANケーブルは、ルーターもしくはHGWと接続端末(パソコンなど)を繋ぐための物理的なケーブルになります。

LANケーブルにはカテゴリというスペックを表す数値もありますが、基本的には貸し出されるもの、もしくは家電量販店で売られているものを購入すれば問題ありません。

また、あくまで有線接続に使うための道具なので、パソコンを持っていない人やWi-Fiしか使わない人には必要ないでしょう。

光回線をスマホやパソコンに接続する方法

光回線をスマホやパソコンに接続する方法

それでは、ここからは光回線契約後にスマホやパソコンに接続するための方法について解説します。

スマホに接続する方法とパソコンに接続する方法をそれぞれ紹介するため、自分の環境に合わせて設定してみてください。

パソコンに接続する方法

1つ目は、HGWでパソコンに接続する方法についてです。

はじめに、レンタルしたHGWとパソコンをLANケーブルで接続します。

契約したネット回線によっては、この段階ですでにインターネットに接続できる場合もあるため、EdgeやChromeにアクセスして繋がるかどうかを確認してみてください。

繋がらない場合は、パソコン内で別の作業が必要です。

LANケーブルを接続した状態で、以下の手順に沿って作業を進めてみてください。

【パソコンの初期設定(ルーターなし)】

①スタートボタン右の検索窓で「コントロールパネル」を検索
②「コントロールパネル」から「ネットワークの状態とタスクの表示」を選択
③「新しい接続またはネットワークのセットアップ」を選択
④「インターネットに接続します」を選択
⑤「新しい接続をセットアップします」を選択(人によっては出ない場合もあり)
⑥「ブロードバンド(PPPoE)」を選択
⑦契約書に記載された「ユーザー名」と「パスワード」を入力する
⑧「パスワードを記憶する」にチェックを入れて「接続」を選択

上記の流れで接続が完了できたら、初期設定は完了になります。

続いて、ルーターを利用した接続方法についてです。

ルーターを利用する場合は、ONU(モデム)⇒ ルーター ⇒パソコンの順にLANケーブルを接続します。

LANケーブルの接続が完了したら、以下の手順で初期設定を行います。

【パソコンの初期設定(ルーターあり)】

①EdgeやChromeなどのブラウザを開く(この段階ではネット接続できません)
②検索欄に192.168.1.1もしくは192.168.0.1と入力して検索する
③ルーターの説明書に記載された「user名」と「パスワード」を入力する
 ⇒ルーターによってははじめにパスワードを設定する場合もあります。
④設定ウィザードからプロバイダの接続ユーザー名とパスワードを入力す

上記の流れで接続が完了です。

なお、ルーターによっては初期設定用のディスク(CD-ROM)などが同封されています。

ディスクを読み込めるパソコンであれば、簡単に初期設定が行えるため、その方法を利用すると良いでしょう。

スマホに接続する方法

スマホに接続する場合は、Wi-Fi接続を使います。

そのため、Wi-Fi接続に対応したHGWやルーターを手元に用意してください。

HGWの場合はそのまま、ルーターを使う場合はONU(モデム)とルーターをLANケーブルで接続したら準備完了です。

まずは、Wi-Fi接続に必要な「SSID」と「パスワード」が記載されたセットアップカードを確認します。

セットアップカードは、ルーターの購入箱などと一緒に紙で入っている場合もあれば、ルーター本体の底面や側面に貼り付けられている場合もあります。

SSIDとパスワードが確認できたら、手持ちのスマホのWi-Fi接続から記載されたSSIDを選択し、パスワードを入力して接続します。

この段階でインターネットに繋がる場合もありますが、繋がらない場合は「Safari」や「Google」を開いて、ネット回線の初期設定を行いましょう。

表示される画面で、契約書に記載されたプロバイダの接続名とパスワードを入力すれば、接続完了です。

パソコンの無線接続も同様の手順で行えるため、パソコンのWi-Fiで初期接続したい方は試してみてください。

光回線の接続ができないときの原因と対策

光回線の接続ができないときの原因と対策

上記の接続方法で接続できない場合は、以下3つのどれかに原因があります。

それぞれ問題がないかをチェックして、再度接続を試してみてください。

ISPの接続情報を間違えている

意外と多いのが、プロバイダ(ISP)の接続情報を間違えているパターンになります。

接続情報は「aaa~@aaa~」のような英語と数字の文字列で記載されるため、大文字か小文字かのような小さなミスが起きがちです。

そのため、接続名とパスワードが間違っていないかをしっかりチェックしてから入力しましょう。

接続機器に問題が起きている

ONUやHGW、ルーターなど接続するための機器に問題が起きている場合もあります。

接続機器のトラブルについては、各機器のランプに注目してみてください。

レンタルしている機器ごとに異なるため一概には言えませんが、赤やオレンジのランプが点灯している場合は、接続に問題が起きている可能性が高いです。

機器ごとの説明書を見ながら、どのランプに問題が起きているかをチェックして、記載された対処法を試してみてください。

なお、接続機器の問題については再起動で直る場合が多いです。

一度電源を落とし、10分~15分ほど待機した後に再起動を行い、ランプが正常に戻っていれば問題ないでしょう。

接続端末に問題が起きている

あまり多くはありませんが、スマホやパソコンなどが原因で繋がらないこともあります。

特に多いのは、Wi-Fi接続に対応していないパソコンでWi-Fi接続をしようとする場合です。

ノートパソコンはWi-Fi接続が標準搭載されていることが多いですが、デスクトップパソコンは標準搭載されていないことがほとんどになります。

万が一、そういったパソコンでWi-Fi接続する場合は、専用のレシーバー(受信機)を別途購入するようにしましょう。

また、SSIDやパスワードの入力ミスで繋がらないこともあります。

特にパスワードは間違えやすいので、入力ミスがないように注意してください。

こちらもおすすめ

あわせて読みたい
GMOとくとくBB光の評判は悪い?口コミや特徴からメリット・デメリットを紹介 光回線の契約にあたって、GMOとくとくBB光を候補に考えている人も多いでしょう。そこで本記事では、気になるGMOとくとくBB光の口コミ評判をSNSからピックアップしました。メリットやデメリットも紹介しますので、ぜひ参考としてご確認ください。
あわせて読みたい
【楽天ひかり】は実際どうなの?利用者の口コミなどの評判も交えて解説 「楽天ひかりを契約することを考えている。」という時に気になるのが、楽天ひかりの評判ではないでしょうか? 長く利用する光回線だからこそ失敗したくないですよね! この記事を読むことで、あなたが楽天ひかりを選択すべきかどうかを判断することができます。なるべく噛み砕いて分かりやすく解説しましたので、参考にして頂けると幸いです。

まとめ:光回線をルーターで接続する方法

この記事では、光回線をルーターで接続する方法について解説しました。

光回線の初期設定と聞くと、難しいイメージを持つ方も多いかもしれませんが、実際にやってみるとサクッと設定できます。

特に近年は、QRコードやCD-ROMなどの簡単に設定できるツールも出ているため、昔ほど苦戦することもありません。

同封された説明書とこの記事を読むだけで誰でも簡単に設定できるようになるため、ぜひ試してみてください。

2023/09/06 2024/01/18
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次