※当ページにはプロモーションが含まれています。

GMOとくとくBB光の評判は悪い?口コミや特徴からメリット・デメリットを紹介

GMOとくとくBB光の評判は悪い?口コミや特徴からメリット・デメリットを紹介

「GMOとくとくBB光」の評判は良いのでしょうか。光回線を契約するのなら、口コミ評判は気になるものです。

GMOとくとくBB光は、どちらかといえば良い口コミ評判が多い傾向にあります。しかし「だからこそ本当に良いのか気になる」と考えている人も多いでしょう。

本記事ではGMOとくとくBB光の評判やメリット・デメリットを紹介します。光回線の契約を考えているのなら、ぜひ参考としてお役立てください。

目次

GMOとくとくBB光とは?

GMOとくとくBB光とは?

GMOとくとくBB光とは、「NTT東日本および西日本のフレッツ光回線」と「GMOとくとくBBのプロバイダ」をまとめたサービスです。2022年に「GMO光アクセス」から現在の名称に変更されました。

公式サイトから特徴を引用して紹介します。

NTT東日本・NTT西日本フレッツ光回線とGMOとくとくBBプロバイダーをひとつにまとめてお安くしたインターネットサービスです。満足度を追及して、通信品質にこだわるだけでなく、複雑な料金プランや携帯プランの縛りがないので、誰でも安い、速い光回線として選ばれています。(引用:GMOとくとくBB光【公式】|シンプルに安い・速い光回線

料金には基本工事費・回線使用料・プロバイダ利用料が含まれていて、シンプルでわかりやすいのが特徴です。

料金プランは次の2種類で、変更はありません。

ファミリー(戸建て)5,390円(税込)/月
マンション4,290円(税込)/月

新規工事費は36回分割払いですが、相当分が月額料金から値引きになるため実質ゼロ円です。乗り換えなら、他社の解約違約金・工事残債費として一律50,000円のキャッシュバックも受けられます。さらにWi-Fiルーターのレンタルは無料です。

お得に利用したいと考えているのなら、GMOとくとくBB光をチェックしてみましょう。

GMOとくとくBB光の悪い口コミ評判

GMOとくとくBB光の悪い口コミ評判

サービスの利用にあたって、まず気になるのが悪い口コミ評判です。そこでX(旧Twitter)から、GMOとくとくBB光の悪い口コミ評判をピックアップしました。

GMOとくとくBB光での悪い口コミ評判には次のようなものがあります。

・光回線の速度が遅い

・キャッシュバックに時間がかかる

・田舎はエリア外になる

3つの口コミ評判について内容をチェックしてみましょう。

悪い口コミ評判①光回線の速度が遅い

GMOとくとくBB光には「速度が遅い」との口コミ評判があります。

GMOとくとくBB解約した。
そもそもアクセスが集中してない時間帯ですらあの速度はヤバい。

公式サイトの説明によると、GMOとくとくBB光は通信品質にこだわっているサービスです。良い口コミ評判には「速度が速い」との声もありました。両方の意見があるのは、エリアによる違いも考えられます。

くわしく確認するためには、NTT東日本/NTT東日本での提供エリアの確認が必要です。郵便番号から検索できますので、エリアは事前に確認しておきましょう。

NTT東日本 

NTT西日本 

悪い口コミ評判②キャッシュバックに時間がかかる

GMOとくとくBB光には「キャッシュバックに時間がかかる」との口コミ評判もありました。

プロバイダでGMOとくとくbbはやめた方が良いです。BIGLOBEとの比較ですがサポートが弱いし、キャッシュバックも一年経たないと貰えない。もっとしっかり調べるべきでした。今度スタジオ移ったら変えます。#GMO #auひかり

GMOとくとくBB光では、最大58,000円のキャッシュバックが受けられます。ただしキャッシュバックには時間がかかる仕組みになっているのです。

キャッシュバック特典を利用するのなら、所定の要件を満たす必要もあります。そのためキャッシュバックの内容は、しっかりチェックしておきましょう。

悪い口コミ評判③田舎はエリア外になる

GMOとくとくBB光には「田舎はエリア外になる」との口コミ評判もありました。

GMOとくとくBBWiMAX2+ギガ放題のここがすごい!・まあまあ早い快適な回線GMOとくとくBBWiMAX2+ギガ放題のここがダメ!・田舎エリア外・解約しづらいうえに何年経とうが更新月以外に解約しようとすると違約金数万とられる・とくとくじゃない(月に約5000円とられる)

居住地域によっては、エリア外になる可能性もあるでしょう。

この投稿には「違約金」についての記載もあります。かつてGMOとくとくBB光では、更新月以外の解約で違約金が必要でした。しかし現在の契約では、解約違約金が発生しません。解約違約金がかかるのは、2022年6月末までに契約したパターンです。そのためこれから契約する人にとっては、解約違約金は問題ないと考えられます。

GMOとくとくBB光の良い口コミ評判

GMOとくとくBB光の良い口コミ評判

どちらかといえば、GMOとくとくBB光には良い口コミ評判が多く見られます。そこでX(旧Twitter)での良い口コミ評判もピックアップしました。

・20日以内ならキャンセルが可能

・驚くほど速くなった

・解約方法がわかりやすい

・丁寧で感じが良い

良い口コミ評判の内容もチェックしていきましょう。

良い口コミ評判①20日以内ならキャンセルが可能

GMOとくとくBB光には、20日以内ならキャンセルが可能だとの口コミ評判があります。

クーリングオフ制度で購入から8日以内であればキャンセルできるサービスはたくさんあるっちゃけど、GMOとくとくBBの場合はなんと20日以内であればキャンセルが可能やけん😳・エリア内だけど繋がりにくい・対応エリアで使っているのに通信速度が遅いみたいなパターンでもしっかり対応できる!

特定の条件を満たす場合、GMOとくとくBB光では解約違約金なしでのキャンセルが可能になるのです。そのため速度が不安な方でも申し込みしやすいでしょう。

良い口コミ評判②驚くほど速くなった

GMOとくとくBB光には「驚くほど速くなった」との口コミ評判もあります。

ドコモ光通信とGMOとくとくBBに変えたところ驚くほど速くなりました エリアにもよるとは思いますがプロバイダー変えるのも手です

遅いとの声があるものの、早くなったと感じている人もいます。とはいえ実際に導入してみないとわからない可能性もあるでしょう。

使ってみて問題があるようなら、キャンセルが活用できます。

良い口コミ評判③解約方法がわかりやすい

GMOとくとくBB光では、解約方法がわかりやすいとの評判もありました。

良いことだと思ったので書いておく。GMOとくとくBBというWimaxサービスに入っていて、都合により解約する予定なのだけれど、会員サポートページに解約方法がかなりわかりやすく書かれていた。企業姿勢としてとても良いことだと思う。解約しちゃうけど。ごめんね。今までありがとう。

光回線に限らず、「解約方法がわかりにくい」というサービスは少なくありません。解約ページを見つけられず、時間を費やした経験を持つ人も多いでしょう。

そんななかで、解約手順がわかりやすいのは、良心的なサービスだといえます。

良い口コミ評判④丁寧で感じが良い

GMOとくとくBB光には「丁寧で感じが良い」との口コミも見られました。

例に漏れず我が家のNUROもパケットロスしておりまして、流石に厳しいので解約検討中です。GMOとくとくBBを検討していますが担当の方、非常に丁寧で感じ良いですね。

対応の良さは、契約を考えるうえで大きなポイントになります。感じが良いと安心して相談できるでしょう。

評判・特徴からわかるGMOとくとくBB光のデメリット

評判・特徴からわかるGMOとくとくBB光のデメリット

SNSでの評判や特徴からわかる、GMOとくとくBB光のデメリットを紹介します。契約にあたっては、どのようなデメリットがあるかチェックしておきましょう。

代表的なデメリットは次の4つです。

・スマートフォンとのセット割引がない

・場所によっては速度が遅い

・36か月以内の解約では残債が発生する

・キャッシュバックに時間がかかる

4つのデメリットについて、それぞれ解説します。

デメリット①スマートフォンとのセット割引がない

GMOとくとくBB光は、スマートフォンとのセット割引がないというデメリットがあります。ただし、そのぶんGMOとくとくBB光の月額料金がリーズナブルです。

特定のスマートフォンとのセット割を用意している光回線も多数あります。家族全員が同じキャリアを使っているのなら、セット割がある光回線を利用するとお得になるでしょう。

デメリット②場所によっては速度が遅い

品質にこだわっているGMOとくとくBB光ですが、場所によっては速度が遅いのがデメリットです。契約しても、思うような速度が出ない可能性もあります。

ただし口コミにある通り、契約内容によっては20日以内のキャンセルが可能です。速度に問題があるなら、定められた期間内でキャンセルすると良いでしょう。

デメリット③36か月以内の解約では残債が発生する

解約違約金はないものの、36か月以内の解約では残債が発生するのも、GMOとくとくBB光のデメリットです。

分割の残債については、公式サイトで以下のように説明されています。

基本工事費用は36回分割でのお支払いとなりますが、ご契約期間中は分割払い相当分を月額利用料金から値引きさせていだきますので36ヶ月のご利用で工事費は実質0円です。派遣工事が発生したお客さまで、分割払い相当割引期間中に解約された場合は、解約月利用分の請求に含めて工事費の分割残債額を一括請求いたします。(引用:GMOとくとくBB光【公式】|シンプルに安い・速い光回線

基本工事費用は「戸建て」と「集合住宅」で金額に違いがあります。

派遣工事の有無基本工事費用
戸建てあり26,400円(税込)
なし2,200円(税込)
集合住宅あり25,300円(税込)
なし2,200円(税込)

派遣工事なしなら、基本工事費用は2,200円とリーズナブルです。その場合でも、基本工事費用は36回の分割払いとなり、途中での解約では残債が一括請求されます。3年以内に解約する場合には注意しましょう。

デメリット④キャッシュバックに時間がかかる

口コミにもあった通り、GMOとくとくBB光はキャッシュバックに時間がかかるのもデメリットです。乗り換えによる一律50,000円のキャッシュバックは、次のタイミングで行われます。

・11か月目(30,000円)

・23か月目(20,000円)

またキャッシュバックには申請も必要です。乗り換えを予定しているのなら、キャッシュバック方法は忘れずにチェックしておきましょう。

評判・特徴からわかるGMOとくとくBB光のメリット

評判・特徴からわかるGMOとくとくBB光のメリット

デメリットはあるものの、GMOとくとくBB光はメリットの多いサービスです。

代表的なメリットには次の5つが挙げられます。

・月額料金が安い

・対応エリアが広い

・ルーターのレンタルが無料である

・解約違約金がない

・v6プラス対応で高速通信できる

5つのメリットについても、1つずつチェックしてみましょう。

メリット①月額料金が安い

GMOとくとくBB光には、月額料金が安いという大きなメリットがあります。

他社との料金の比較を見てみましょう。

事業者/プラン戸建てマンション
GMOとくとくBB光5,390円(税込)4,290円(税込)
ドコモ光(2年定期契約)5,500円(税込)~4,180円~(税込)
ドコモ光(契約期間なし)7,150円(税込)~5,280円~(税込)
ソフトバンク光(2年自動更新)5,720円(税込)~4,180円~(税込)
ソフトバンク光(自動更新なし)6,930円(契約)5,390円(税込)
au光(ずっとギガ得プラン)6,160円~(税込)4,730円~(税込)

GMOとくとくBB光はセット割がないものの、他社よりリーズナブルです。ほかの事業者は、プラン・縛り・セット割によって金額が変動します。セット割の適用外となる格安スマホを使っているのなら、GMOとくとくBB光がお得です。

メリット②対応エリアが広い

対応エリアが広いのも、GMOとくとくBB光のメリットの1つとして挙げられます。GMOとくとくBB光では、NTTのフレッツ光と同じ回線を使っています。そのため全国対応が可能なのです。

対応外の地域もあるものの、ほかの事業者よりも圧倒的にエリアが広くなっています。

メリット③Wi-Fiルーターのレンタルが無料である

GMOとくとくBB光は、Wi-Fiルーターのレンタルが無料であるのもメリットです。5種類のうちから1つが無償で利用できます。さらに1台では届きにくい場合、中継器としてもう1台が3,300円(税込)でレンタル可能です。

3年以上利用すると、ルーターはそのままプレゼントしてもらえます。ルーターの種類は選べませんが、無料でレンタルできるのは大きなメリットだといえるでしょう。

メリット④解約違約金がない

現在は解約違約金がないのも、GMOとくとくBB光のメリットです。

GMOとくとくBB光では、契約期間の縛りがありません。そのためいつでも安心して始められます。

ただし36か月以内の解約では、基本工事費用の残債が発生するので注意してください。

メリット⑤v6プラス対応で高速通信できる

v6プラス対応で高速通信できるのも、GMOとくとくBB光を使うメリットです。エリアによるものの、乗り換えで速度が速くなったという声も多く見られます。

なお使ってみて速度に問題がある場合、20日以内ならキャンセルも可能です。キャンセルの適用条件は次のようになっています。

<適用条件>・新規に個人様名義での本WiMAX 2+サービスお申込み・お申し込み時のご登録住所がハイスピードモードのエリア内の場合のみ対象・ご解約時、事前にGMOとくとくBBお客さまセンターへ「20日以内の解約」のご連絡・お客さまセンターへご連絡後5日以内に指定の宛先にWiMAX端末機器のご返送(消印有効)※期限内に端末機器のご返送を確認できない場合、端末代金21,780円(税込)を請求させていただく場合がございます。(引用:WiMAX(ワイマックス)初めての方でも安心!20日以内ならキャンセルOK|GMO とくとくBB

速度に問題があってキャンセルを考えるのなら、なるべく早く連絡を入れましょう。

GMOとくとくBB光開通の流れ

GMOとくとくBB光開通の流れ

GMOとくとくBB光開通の流れについても紹介します。

開通までの期間は2週間~1か月が目安です。ただし繁忙期は2か月以上待つ可能性もあります。そのため利用を決めたら早めに申し込みを行いましょう。

基本的な流れは次の通りです。

①Webまたは電話で申し込み
②工事日の確定
③Wi-Fiルーターが到着
④開通工事の実施
⑤Wi-Fiルーターの設置

まずはWebまたは電話で申し込み、希望工事日を指定します。工事日が確定するのは2~3日後です。メールで届きますので、忘れずに確認しましょう。

工事日の1週間くらい前になると、ルーターが届きます。基本的に工事日は立ち合いが必要です。工事が完了したらWi-Fiルーターを接続しましょう。接続から30分待つと設定が完了します。

GMOとくとくBB光の速度

GMOとくとくBB光の速度

SNSでは、GMOとくとくBB光には「速い」「遅い」どちらの口コミもあります。

公式サイトによると、速度の全国平均は次の通りです。

下り357.38Mbps
上り263.69Mbps

(2022年5月1日~2023年4月30日)

ただしGMOとくとくBB光はベストエフォートサービスです。ベストエフォートサービスは、常に一定の品質が保証されているわけではありません。実際の通信速度は混み具合や使っている機器の性能などによって変動します。

全国平均の速度自体は速いので、基本的には快適に使えるでしょう。

GMOとくとくBB光でよくある質問

GMOとくとくBB光でよくある質問

利用開始前には、なるべく不安を払拭しておくのがおすすめです。そこでGMOとくとくBB光でよくある質問についても紹介します。

契約を検討しているのでしたら、ぜひ参考にご確認ください。

GMOとくとくBB光は土日でも工事が可能?

地域によっては土日の工事も可能です。ただし、土日祝日の工事には別途3,300円(税込)かかります。費用を抑えたいのなら、平日に工事をしてもらうのがおすすめです。

GMOとくとくBB光の支払い方法は?

公式サイトでわかりづらいのが支払い方法です。GMOとくとくBB光の支払方法はクレジットカードのみとなっています。支払いに使えるのは、日本国内で発行されたクレジットカードです。

ほかの支払い方法を希望するなら、別なサービスの利用を検討しましょう。

住所が決まっていなくても申し込みは可能?

転勤・転居の予定があり、事前に申し込みを済ませたいと考える人も多いでしょう。しかし住所が決まっていない場合、GMOとくとくBB光の申し込みはできません。

そのため住所が決まってから申し込みを行ってください。

解約後はWi-Fiルーターの返却が必要?

GMOとくとくBB光の解約がWi-Fiルーターの発送から38か月目以降なら返却が不要です。38か月未満で解約する場合は忘れずに次の3つを返送してください。

・Wi-Fiルーター本体

・ACアダプタ

・LANケーブル

返送の期限は解約月の翌20日(必着)です。レンタル品以外を返却しないよう注意しましょう。

開通工事には立ち合いが必要?

GMOとくとくBB光に限らず、室内での作業があるなら、開通工事では立ち合いが必要です。ただし設備状況によっては、無派遣工事が可能な場合もあります。

立ち合いが必要かは申し込み時に確認をしておくと安心です。

GMOとくとくBB光は高品質な光通信を解約違約金ゼロで使える

GMOとくとくBB光は高品質な光通信を解約違約金ゼロで使える

高品質な光通信を解約違約金ゼロで使えるのが、GMOとくとくBB光の魅力です。全国対応でエリアが広く、月額料金が安いのも大きなメリットです。

ただし36か月以内の解約では、基本工事費用の残債が発生するというデメリットがあります。キャッシュバックに時間がかかるのもGMOとくとくBB光のデメリットです。

デメリットはあるものの、長く使い続けるならメリットが大きくなります。全体的に見ると評判も良いサービスであるため、安心して使えるでしょう。メリット・デメリットを比較したうえで、自分に合っているサービスか考えてみてくださいね。

2023/09/06 2023/10/23
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次