沿革History

東京通信グループ各社の主な沿革

2015年5月
スマートフォン向けアプリケーションの開発・運用を主な目的として株式会社東京通信を設立
2016年6月
スマートフォンメディア事業(現アプリ事業)の強化及び効率化を図るため、MASK合同会社(連結子会社)を設立
2016年11月
スマートフォンメディア事業(現アプリ事業)の強化及び効率化を図るため、Babangida合同会社(連結子会社)を設立
スマートフォンメディア事業(現アプリ事業)の強化及び効率化を図るため、fty合同会社(連結子会社)を設立
2017年2月
事業ポートフォリオの拡充を図るため、株式会社テクノロジーパートナー(連結子会社)を設立し、広告代理事業を開始
2017年7月
事業ポートフォリオの拡充を図るため、投資事業を開始
2017年8月
スマートフォンメディア事業(現アプリ事業)の強化及び効率化を図るため、BLUEBIRD STUDIO合同会社(連結子会社)を設立
2018年10月
スマートフォンメディア事業の名称をアプリ事業へ変更
2019年11月
BLUEBIRD STUDIO合同会社を「東京通信キャピタル合同会社」へ商号変更し、事業目的を投資事業へ変更