2021.06.01 リリース

スキルエコノミー市場におけるインフルエンサーのDXシステム「スキルオン」が、ライフログテクノロジー株式会社のヘルスケアアプリ「カロミル」と提携

株式会社東京通信(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長:外川穣、代表取締役社長CEO:古屋佑樹、証券コード:7359、以下東京通信)が提供する、スキルエコノミー市場におけるインフルエンサーのDX(デジタルトランスフォーメーション)システム「スキルオン」が、ライフログテクノロジー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:棚橋繁行、以下:ライフログテクノロジー)のヘルスケアアプリ「カロミル」と提携し、食事(ライフログ)記録・集計データの照会機能を強化したことを発表します。

「スキルオン」は、インフルエンサーがサブスクリプションモデルの課金サービスを展開する際に必要な、サイト、決済、会員管理、コンテンツ配信、動画配信、1to1コミュニケーションシステムを開発、管理運用するサービスです。各インフルエンサーが運営する「スキルオン」上にて、ユーザーが写真をアップロードするだけで、食事データを簡単に連携することが可能になります。今後、更なるオンラインフィットネスサービスを中心にスキルエコノミーの健全化、拡大を行い、ユーザーに品質の高いサービスを提供します。

【既存サービス】
・オンライン×フィットネス×ダイエットレシピ「トレえみ女性専用オンラインフィットネス」
URL:https://toreemi.fit

背景

SNSの成長に伴い、インフルエンサーが個人のブランド力を強化することが可能になった一方で、ファンがインフルエンサーに求めるコンテンツ力への要望は高くなり、インフルエンサー個人での対応が難しくなってきています。
東京通信の「スキルオン」では、そうしたインフルエンサーの中でも、ユーザーに技術、ノウハウを提供している「スキル」を持った方に注目して、スキルエコノミー市場のDX(デジタルトランスフォーメーション)を目指しています。
第一弾として、ヘルスケア、ダイエット、ボディメイクなどのフィットネス領域におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進いたします。現状のオンラインフィットネス市場は、動画配信、ライブ配信など単調なコンテンツにとどまっており、サービス、課金、会員管理が分断されています。「スキルオン」では、オンラインフィットネスにおける必要な情報、機能、コミュニケーション開発を行っております。
今回、食事管理の課題を「カロミル」と提携することによって、更なるオンラインフィットネスの市場浸透、拡大を目指していきます。

カロミルについて

ライフログテクノロジーが運営する食事・運動・体重管理アプリ。食事記録に関しては、写真1枚で毎日の食事を記録し、AI(人工知能)の画像解析技術によって栄養素を割り出し自動で登録。カロリーだけでなく、糖質やたんぱく質、脂質、塩分、食物繊維の計算・記録もできるので、ダイエットのみならず、栄養バランスを鑑みた健康管理が可能。料理解析品目数・解析精度は業界NO.1(ライフログテクノロジー調べ)。また、食事記録だけでなく運動・バイタルの管理機能もそなえ、「健康のトータルマネジメント」を実現。新規登録数も昨年と比較して約3倍のペースで伸び、会員数は95万人を超える(2021年5月時点)。

ライフログテクノロジーについて

代表者:棚橋繁行
所在地:〒103-0027 東京都中央区日本橋三丁目2番14号 新槇町ビル別館第一 1階
資本金:303百万円(資本準備金含む)
URL::https://www.calomeal.com

東京通信について

当社は経営理念に『Digital Well-Being』を掲げ、人々の心を豊かにするサービスを創造し続けることをビジョンとし、インターネットメディア事業、インターネット広告事業、プラットフォーム事業などを手掛けています。
〝集客〟と〝効果最大化〟のノウハウに自信を持つITマーケティング企業として、競争力のある新規事業の創出・育成に挑戦しています。

【会社概要】
代表者  代表取締役会長 外川穣
     代表取締役社長CEO 古屋佑樹
所在地  〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-1-9岩徳ビル9階
資本金  471百万円
従業員数 68名(平均年齢34.7歳) ※2021年6月末時点
【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
https://tokyo-tsushin.com/inquiry/